品川で働くエンジニアパパの子育てブログ

英語のこと中心に子育ての記録を残しています

The Cat in the Hatの映画版をNetflixで観ました!

f:id:quincedaddy:20171128065604j:plain
昨夜たまたま早めに娘達の晩御飯とお風呂が終わったので、何か映画でも観ようとNetflixの映画リストを徘徊していたらなんとThe Cat in the Hatの実写版を見つけました。

ハットしてキャット | Netflix (ネットフリックス)

調べたところ2003年の映画だそうで、随分と前に作られていたんですね。まあこれだけの有名作品なので当たり前と言えば当たり前で映画化されていそうなものですが。

I am Samで娘役をしていたダコタ・ファニングさんがサリー役で出ていたのがまた興味深く、確かI am Samでもドクター・スースの絵本がストーリーの大事な一部分になっていたので、その縁で是非にと採用されたのかもしれません。

映画は絵本の話を土台に色々と膨らませて作った、まあ絵本の映画化としてはスタンダードなやり方で作られていると思います。

まあ内容は若干おバカよりのところはありましたが、子供向けなのでその辺りは良しとしておきましょう。アメリカって何でもやるときは派手と言いますか、なんと言うかもう(笑)

映画を観て長女も絵本のことを思い出したらしく、今朝の読み聞かせはこれにしました。この本はもうライミングによるライミングのためのライミングの絵本という感じで、だんだん慣れてくるとラッパーの気分になってきますね。

ドクター・スースは実は最初は絵柄が気に食わなくて避けていたところもあったのですが、どうしてやはり名作の力でしょうか、我が家の本棚でも存在感を放っているように思います。

The Cat in the Hat (Pb Om)

The Cat in the Hat (Pb Om)