品川で働くエンジニアパパの子育てブログ

英語のこと中心に子育ての記録を残しています

まだ英語のものは英語で観たいらしい

The Complete Adventures of Curious George: 75th Anniversary Edition

The Complete Adventures of Curious George: 75th Anniversary Edition

先日たまたまテレビでおさるのジョージが放映されたときに日本語で始まってしまったのですが、長女から「英語に変えて欲しい」と言われて音声の切り替えをしました。

別に私がそう訊いたわけではないのですが「ジョージはアメリカで作られたものだから英語で観た方がいい。かぐや姫とかは日本で作られたものだから日本語で観る」というような事を言っていました。

これは普段から私が思っていることで、もしかしたら無意識に長女にそのようなことを伝えていたのかもしれないですけれど、「なんて英語育児の教科書みたいなこと言うんだ」と思って少し感心してしまいました。親バカです(笑)

娘の人生にはある時点まで英語のコンテンツがすごくたくさん存在していたのですが、やはり大きくなるにつれてプリキュアやプリパラも観たいですし、アイカツも観たいですし、最近ではポケモンに嵌ったりと日本のコンテンツが大半になってきています。

だからその内英語のコンテンツを観るのを嫌がったり、日本語に切り替えるようにお願いされたりするのかなと思っているのですが、とりえあずまだそのタイミングではなかったようでちょっと安心しています。

まあおさるのジョージを観たのは久しぶりだったものの、まだ英語コンテンツで好きなもののあるので、それを踏まえて継続していけば、英語コンテンツ離れを少しでも遅らせることができるのかもしれません。