マイクロソフトで働くエンジニアパパの子育てブログ

英語教育やプログラミング教育などの話題を中心に子育てについて書いています。このブログは私個人に属するもので、所属する企業の見解ではありません。

だんだんと読むことに慣れてきたようなので、Oxford Reading TreeのStage 4に進出しました!

f:id:quincedaddy:20170601095114j:plain
先日購入したOxford Reading Treeのレベル1~3ですが、長女が意外にもモチベーションが高くどんどん読み進めていて、あっという間に33冊を読み終わりました。

もちろん今後とも繰り返し読んでいって力をつけていくような性質のものですが、長女の力だったらもう少し難しくても大丈夫そう、かつ長女も新しい物語を読みたがったので、写真にあるOxford Reading Treeのステージ4を購入してみました。

どうして急にレベルではなくてステージというクラス分けになってしまったのかは謎です。きちんと調べていないのですが、おそらくORTも歴史のある本ですので、何度も改定が繰り返される中でこういった変更をしてきたのでしょう。

おそらくその気になればレベル4というのもどこかで見つけられるはずなので、もし手に入れる機会があれば買うかもしれません。と言っても結構一冊当たりの値段も馬鹿にならないですし、その頃にはもっと難しい内容を読む必要があるかもしれませんが。

ステージ4となると、さすがに単純な内容ではなくなってきて、文章の内容にもしっかりとしたストーリー性が出てきます。まだ二冊しか取り組んでいないのですが、ここら辺を長女が乗り越えられるのかは、彼女の読む力にとって山場になるかもしれません。

確かステージ4は小学1年生、アメリカで言うところのFirst Graderくらいを対象にした内容だったと思いますので、長女が日々小学校で取り組んでいる国語の教科書とレベル的には近いものになってきているかもしれません。