I am your daddy

「I am your daddy!」この世に降り立ったばかりの娘にそう告げたとき、私の英語育児は始まりました。これはその記録です。

英語育児をしている私が、英語の発音なんてどうでもいいと思っている理由

SPEAK

長女は英語を話すけれども、その発音についてどのようになって欲しいと思ったことはありません。もちろん早くから英語をやっているんだからそれなりには、みたいな得体の知れない期待はあるんだけれど、別に発音に正解もゴールもないです。

正直言えばうちの奥さんは、長女がアメリカの西海岸っぽい英語の発音の仕方ができることが嬉しいようです。その気持ちも理解はできます。ですがこの先長女の英語が日本語アクセントに寄っていったとしても、私としては気にはなりません。流暢さが減少するのは困りますけれど。

日本人の英語にあまりにも根強く存在するこの発音信奉。どうすればこの呪縛からみんなを解き放つことができるのか。本当に分かりません。そもそも何でこんなことになったんでしょうかね?興味があります。