マイクロソフトで働くエンジニアパパの子育てブログ

英語教育やプログラミング教育などの話題を中心に子育てについて書いています。このブログは私個人に属するもので、所属する企業の見解ではありません。

「アルプスの少女ハイジ」は英語で読んだらハイディ??教えておじいさん!

日本では「アルプスの少女ハイジ」でお馴染みのHeidiです。ハイディって感じで発音するんだと思っているんですが、場合によってはヘイディかもしれません。

枕詞のようにいつも言っていますが、ハイジも正直どのような話なのかまったく知識がありませんでした。山で遊んでいる小さな少女とおじいさん、そして車いすの女の子が歩き出す、知っていたのは以上。まったく今までの自分とは縁のなかったものと出会えるのは、子育ての、特に異性を育てるときの醍醐味のひとつですね。

この児童文学をちょっと絵本っぽくしたようなシリーズをアメリカのBarnes & Nobleで6冊ほど買いましたが、結果として娘の一番のお気に入りはこのHeidiになったようです。

おそらく主人公の年齢が自分に近いというのも大きな理由ではないかと思いますし、アルプスの大自然を中心として繰り広げられるストーリーにどこか魅せられるものがあるのでしょう。

読み聞かせをするには結構な分量です。この間はずいぶんと長いことこの話を聞きたがって、気が付けば寝る前の読み聞かせの時間で10ページほど読みました。これくらい読むとさすがの大人も疲れてきます(いや、大人だから疲れるのでしょうか…)

余談ですが、まだ娘はいわゆる日本の「アルプスの少女ハイジ」を観たことがありません。いつか観る機会があると思いますが、彼女の頭の中でこの本とあのアニメが同じものだとどの時点で気が付くのでしょうか。観察するのが楽しみです。

f:id:quincedaddy:20151122071327j:plain

関連記事