マイクロソフトで働くエンジニアパパの子育てブログ

英語教育やプログラミング教育などの話題を中心に子育てについて書いています。このブログは私個人に属するもので、所属する企業の見解ではありません。

Inside Out

ちょっと経ってしまいましたが、映画Inside Out観てきました!娘にとってはCinderellaに続く人生二本目の映画です。今回なぜか極端に字幕版を上映している映画館が少ないようで、家族で遊びに行く意味もあったのですが、わざわざ都会の映画館まで足を運んで字幕版を観てきました。


Inside Out - Official US Trailer - YouTube

内容はもうさすがPixerという感じで、なんというか鉄板です。老若男女問わず楽しむことができる作品にしあがっていると思います。私も思わず自分の娘を重ね合わせて観てしまったせいか、うるっときてしまいました。英語的には少し難しかったかなと思って観ていたのですが、特段なんということもなく、娘はじっと映画を観ていました。どこまで理解しているのやら。でもこの映画観せてよかったと思ったことが、まあ当たり前かもしれませんが、感情の名前が娘の中で定着したことです。

さて前述のように極端に字幕版がやってない様子のInside Outなのですが、なんか他にも気になることがありまて、例えば邦画版のタイトルをインサイドヘッドという非常に原タイトルと似たような名前にしてみたり、わざわざ上映前に流される監督のインタビューでも"Inside head"という邦画版のタイトルで映画を呼ばせてみたり、と今までに映画を観てきた中ではあまり目にしないようなことがいくつかありました。何かしらの指針があった上でのことなんだろうなと邪推してみたりしましたが、どのような理由での指針なのかまでは想像できません。

追記

熱が冷めないうちに、いくつかの関連本とCDも購入してみました。

Inside Out Read-Along Storybook and CD

Inside Out Read-Along Storybook and CD

Welcome to Headquarters (Disney/Pixar Inside Out) (Step into Reading)

Welcome to Headquarters (Disney/Pixar Inside Out) (Step into Reading)