I am your daddy

「I am your daddy!」この世に降り立ったばかりの娘にそう告げたとき、私の英語育児は始まりました。これはその記録です。

Friends

Friends

Friends

アメリカ滞在中に古本屋で購入した絵本のひとつで、購入した本の中ではかなり娘のお気に入りランキング上位に入っていると思われます。よって滞在中は随分とこの本を読みましたし、最近久し振りにまたこの本をリクエストされました。

ストーリーはかなりシンプルだと思うのですが、同じ農場に暮らしているネズミとニワトリとブタの友情物語です。三人はいつも一緒に行動し、表紙にあるような無茶をして楽しむ仲間です。何か大きな出来事が起きる訳ではなく、そんな三人の日常を描いた作品となっています。どこか懐かしさを感じる絵柄に惹かれて購入しました。

英語には特段これといった特徴はないように思います。平易でシンプルな表現を用いてストーリーが展開されているという印象です。

そう言えばあまり友情をテーマにしたような絵本を持っていなかったような気がします。男の子だと漫画やアニメで友情ものがこれでもかと溢れているイメージがありますが、女の子だとそういう友情くさいストーリーみたいなのはあまりないような気もします。ですのでこの絵本と出会えたことは娘にとっても良かったと思います。