品川で働くエンジニアパパの子育てブログ

英語のこと中心に子育ての記録を残しています

「ジャックと豆の木」を英語で読んで、一緒に冒険に出かけよう!

Jack and the Beanstalk (Brighter Child Keepsake Story)

Jack and the Beanstalk (Brighter Child Keepsake Story)

  • 作者: Carol (RTL) Ottolenghi,Guy Porfirio
  • 出版社/メーカー: Brighter Child
  • 発売日: 2001/12/31
  • メディア: ペーパーバック
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

こちらに来てからかなりの量の絵本を購入した気がしますが、その中で娘が最も気に入っているもののひとつが、ジャックと豆の木ことJack and the Beanstalkです。

ジャックと豆の木と言えば有名な作品ですが、実は私はこの本を娘に購入して読んであげるまでどういう物語なのかを知りませんでした。

なんとなく緑色の服を着た少年が空まで登っていくというイメージはあったのですが、牛との交換で手に入れる魔法の豆や、巨人との遭遇、巨人とのやりとりなど、知らないことだらけでした。

基本的には冒険物だと思いますので、男の子の方がむしろ好きなんじゃないかと思ったりしたのですが、娘はやたら気に入っています。

ときおり巨人のセリフであるFee-fi-fo-fumを口にしてみせたり、通っている保育園でこの話を他の子供たちにしてみたり、自分たちが巨人なのか(つまりジャックが小さいのか)それとも世界には巨人たちが本当にいるのか等を気にしてみたりと、すっかりこの物語の虜になっているようです。

私は個人的にはなんとなく最後に巨人が死んでしまう展開は怖いと思ったのですが、まあそれも娘はあまり気にならないようです。

ここまで書いて気が付きましたが、段々このように英語絵本の物語そのものを楽しめるようになってきたんだなと思うと感慨深い気がします。今後もっともっと二人で物語を楽しんでいけたら素晴らしいです。