I am your daddy

「I am your daddy!」この世に降り立ったばかりの娘にそう告げたとき、私の英語育児は始まりました。これはその記録です。

英語が溢れ出してきた

ちょっと手垢の付いた表現を使ったタイトルのようで少し恥ずかしいのですが、そうとしか言いようのないくらいに一気に娘が英語を話すようになってきました。希望的観測も大いに入っておりますが、今まで私から聴いていた英語、動画コンテンツや英語絵本で触れ合って来た英語、そしてアメリカの生活で一気に流れ込んで来た英語が一気に繋がって意味を為し始めたのではないかと思っています。余りの変化のスピードに私も奥さんも驚くばかりです。

二つのセンテンスを繋げた文章も悠々とこなすようになってきており、覚えているだけでも

If that falls off, it hits my head.

I don't need it because I'm not hungry.

というような文章が次から次へと出てきています。私との会話も要約英語同士で成り立つようになってきており、このまま行くと滞在中にどういうことになるのかすごく楽しみです。以前にも書きましたが同じ勢いで日本語を忘れていることも間違いないのですが、今回は中期滞在ということもあり、こちらにいる間は英語を一気に娘の中に定着させることに集中しようと思っています。