I am your daddy

「I am your daddy!」この世に降り立ったばかりの娘にそう告げたとき、私の英語育児は始まりました。これはその記録です。

アメリカの本屋で、絵本化された児童文学の名作を大人買い!

f:id:quincedaddy:20141220114647j:plain

こちらの本屋で中々興味深いシリーズを見つけて、セールのシーズンだったことも重なって大人買いしてしまいました。

だ娘には少し分量が多い内容のすが、名作を簡潔にまとめて挿絵を付けた絵本調になっており、読み聞かせであれば就学前のお子さんでも大丈夫だと思います。

本当に個人的な好みなのですが、こういう長くに渡って人々に愛されている作品には娘にもぜひ触れて欲しいと思っています。

そういう意味ではこういう本がその導入に一役買ってくれると助かります。また英語子育てをしているので当たり前なのですが、もともと英語で書かれた作品であれば英語で触れて欲しいと思っています。

と言っても、ここにある作品がもともと英語なのか私は知らないのですけれど(笑)

いずれにせよこのシリーズはそういう意味ではどんぴしゃりでした。長きに渡って娘と楽しめたら良いと思います。

冒頭にも書いたようにまだ娘には早いようで、すべての文章を読む前に次のページに行くようにリクエストが来てしまいます。

なので適当に端折って先に進んでいくのですが、そうするとしっかりと聞いてくれます。

今後このやり方で徐々に読む文章量を増やしながら娘が自然と名作に入っていくことができるでしょうか。

それにしてもこの経験を通して興味深いと思ったことがあります。娘が次のページに行って欲しいとリクエストを出すのが、おそらくそのページの挿絵に飽きたタイミングじゃないかと思うのです。

この絵 vs. 文章のバランスが年を追うごとに変化していくのでしょうか。