I am your daddy

「I am your daddy!」この世に降り立ったばかりの娘にそう告げたとき、私の英語育児は始まりました。これはその記録です。

「Diary of a Worm」はひねりの効いたミミズ君の日記絵本!

Diary of a Worm

Diary of a Worm

ミミズ君の日記という設定で書かれた面白い絵本、Diary of a Wormです。小学校中学年~高学年くらいの(おそらく、ですが)男の子が如何にも書きそうな日記を、ミミズを使ってパロディした内容です。

ミミズの世界にも学校、宿題、家族愛、友情、喧嘩なんかがあって、ミミズたちも楽しんだり苦労したりそんな人生を送っているという世界が展開されています。

絵本にしろ映画にしろよくある擬人化の手法だと思いますが、大変コミカルに仕上がっており、すごく楽しめる絵本です。

娘のお気に入りリストにも入っているようで、リクエストされる回数も多いです。何となくですけれどミミズの本なので、ベッドタイムストーリーにするのはなんとなく避けております(笑)

特に特色のある英語があるようには思えませんが、上述の通り日記形式となっておりますので、各ページの最初に必ず何月何日と日付が書いてあります。一応、私はそれも読んでおります。

それに関連するのですが、娘には勿論まだ日付の概念はなく、当然日記というものも理解できません。また、これも上述の通りパロディになので、人間の世界で起きていることが分かっていないと面白さが分からない箇所があります。

例えば宿題って何なのか分かっていないと、ミミズが宿題をやっていることの可笑しさも理解できませんし、日本で言うところのケンケンパッ(hopscotch)をミミズが怖がる一幕があるのですが、これもその遊び自体を理解していないと面白さ自体は分からないです。

なので本当にこの絵本を理解しようと思ったら、少なくとも年中さんとか年長さんになっている必要はあるのかなと思ったりします。ただいずれにせよ、英文にそんなに難しい箇所はないと思います。

娘がどう思ってこれを聞いているのかは全くの未知数ですが、まあ読んで欲しいと持ってくる以上喜んで読みます。

そのうちもう少し娘が自分の考えを述べることが出来るようになったら、この本についてもう少し話ができればいいなと思います。

ちなみにこの絵本は、いつぞやに古本市か何かで買ったBounceという絵本の著者繋がりで購入しました。結構有名な著者のようで、著者の作品をAmazonで一覧表示すると、ちらほらと何処かで耳にしたような絵本が目に入ります。