マイクロソフトで働くエンジニアパパの子育てブログ

英語教育やプログラミング教育などの話題を中心に子育てについて書いています。このブログは私個人に属するもので、所属する企業の見解ではありません。

英会話教室的なものに再挑戦

本日奥さんが娘を英会話教室の体験に連れて行ってきました。英会話教室というよりは、モンテッソーリを取り入れつつ英語ネイティブの先生が子供達の相手をするというスタイルだったようですが、いずれにせよ娘は最初泣いてしまったものの、最終的にはクラスに参加できていたようで非常に嬉しいです。以前に英会話教室に通ったときは号泣してまったく話にならず、その後もまた娘が号泣するかと思うとあまり教室的なものに連れて行きたくないなと夫婦ともども思っていたので、非常に大きな進歩です。

肝心の英語の方は、娘は持ち前の(?)英語理解力を発揮してずいぶんと先生や母親を驚かせたようで、奥さんは結構興奮してそのときの様子を私に話してくれました。私は娘が普通に参加できたことの方が大きいニュースだったのですが、それでも私以外の英語スピーカーと触れ合う機会が全くなかったと言ってもいいので、私以外が話す英語も分かるんだということが分かって、何と言うか自分の英語力的に安心してしまいました。発話はやはりあまり出なかったようですが、それでも「This one」とか先生に対して言葉を返していたとのことでした。

いずれにせよ娘ももうすぐ三歳。そろそろまともに親や祖父母以外の人間とも普通にコミュニケーションを取り始めないといけない時期だと思いますし、英語に関しては今まで娘の中に溜まっているであろう英語のインプットが溢れ出てもいい頃ではないかと私としては大きく期待、あまり子供に大きく期待するのは親の態度としてどうなのかは迷いますが、それでも何か娘に大きな変化のある三歳になるのではないかと想像しています。そのきっかけとして今回の英会話教室が活きる様であれば、是非体験から一歩先に踏み出したいと思います。

関連記事