I am your daddy

「I am your daddy!」この世に降り立ったばかりの娘にそう告げたとき、私の英語育児は始まりました。これはその記録です。

Princess Story Collection (Disney Princess)

Princess Story Collection (Disney Princess) (Step into Reading)

Princess Story Collection (Disney Princess) (Step into Reading)


あまり絵本という感じではないですが、最近プリンセスが大好きな娘の興味を惹くために買ってしまいました。何となくですがこれ系の本は避けているつもりなのですが、娘の興味が第一かなとも思いましたし、自分がいわゆるディズニープリンセスについて何も知らないのもちょっと娘とコミュニケーションを取る上でいまいちかなと思ったりしたこともあって、購入に踏み切っていました。

タイトルからお察しのように基本的には子供に読ませることを目的とした本なので、正直最近娘に読んでいる普通の本に比べると、文章の難易度は低いです。特に最初のシンデレラと白雪姫の話はレベル1に設定されていることもあり、非常に短い文章のみで構成されています。ちなみにシンデレラの話は数を意識させる内容になっており、白雪姫の方はライミングを意識させる内容になっております。残りのベル、オーロラ(この本の中ではBriar Roseと呼ばれていますが、日本ではどうもオーロラ姫という名称が一般的なほうです)、ジャスミンの文章についてはレベルは2と設定されており、そこそこ読みがいのある文章ではあります。これらの三つの話には、特に英語的に何かを意識させる内容が含まれているようには思いません。私が気が付いていないだけかもしれませんが。

娘には当然受けがよく、この本を取り出すとまず間違いなく五つの話を全て読まされることになってしまいます、今のところ。しかもその後に、別途持っている白雪姫の本をさらに読まされることもあるという状態です。まあ今のところ可愛いものだとその様子を見ていますが、あんまり他の本の読み聞かせを圧迫するようであれば、どこかのタイミングで何かしらの対策を打つ必要があるかもしれません。そうならないといいのですが。

Snow White and the Seven Dwarfs (Disney Princess) (Little Golden Book)

Snow White and the Seven Dwarfs (Disney Princess) (Little Golden Book)