マイクロソフトで働くエンジニアパパの子育てブログ

英語教育やプログラミング教育などの話題を中心に子育てについて書いています。このブログは私個人に属するもので、所属する企業の見解ではありません。

馬鹿食いする虎がティータイムに現れた?!ヨーロッパテイストの絵本「The Tiger Who Came to Tea」を紹介!

The Tiger Who Came to Tea

The Tiger Who Came to Tea

Amazonで見て表紙の絵が良いと思ったのと、レビューを読んだ限り良さそうでしたし娘の年齢に合っているように思えたので購入しました。結果としては、まあ大体Amazonのレビューは信頼できると思っていますが、レビューを信頼して良かったと思っています。

中々良い絵本です。メッセージ性や、教育的内容はあまり含まれていないストーリーですので、そういった要素を求める方にはあまり適さないかもしれません。

娘の中ではこの本のタイトルは「Sophie」ということになっているのですが、ある日Sophieちゃんがお母さんとティータイムを楽しんでいたところ、お腹を空かせた虎が家にやってくるというお話です。

その虎も含めて登場人物は皆さん何というかほのぼのとしていているせいか、絵本全体的にほんわかとした空気が漂うようなお話です。

ひとつ前のエントリでも同じことを書いてしまいましたが、絵のタッチがヨーロッパ的という感想です。ティータイムが話の中心になっている辺り、この本もイギリス系なのでしょうか。

英語的には正直、特段着目すべきところはないように思います。ラインミグやアリタレーションは意識されておらず、基本的にはストーリー中心の文章という感じです。

少し面白かったのが、この本を読むようになってから、虎繋がりということなんだと思いますが、しばらく読んでいなかったThe Dancing Tigerを娘がリクエストするようになったことです。おそらく記憶が刺激されたのでしょう。

この本を読んでから、The Dancing Tigerを読むという流れができつつあります。虎関連の作品を二回連続で読むというのも中々面白いです

関連記事