品川で働くエンジニアパパの子育てブログ

英語のこと中心に子育ての記録を残しています

こんなに英語教育熱が高いのに、なぜ日本の本屋には英語の絵本は置いていないのか?

なおパパさんのこのエントリこのエントリを読んで思ったこと、を書こうと思ったのですが、ちょっと逸れた話を書きます(笑)

語学学習本はたくさん売っている

最寄り駅に有隣堂があるのですが、そこに行くと英語学習関連の本はまさに「群れ」とでも呼びたくなるような集合体を成しており、大きな一角を占めています。

ちょっと本棚を眺めただけでもそのバラエティの豊富さは明らかで、そこにはありとあらゆる角度から英語学習というものにアプローチしている様々な書籍があります。

もうこれ以上英語関連の本を出版することなど不可能ではないかと思ったりするのですが、それでもきっと毎日のように関連書籍が発売されているのではないでしょうか?

乳幼児教育関連本もたくさん売っている

さてさらに別の一角を見てみると、幼児向けの絵本もまた大きな群れを成しています。

私の住んでいる地域は子育て世代が多いためか、絵本から始まり、図鑑やドリル、また母親や父親をターゲットにした育児書や教育指南書のようなものまでずらっと並んでいます。

教育に関心の高い方であれば幼児期の読書体験が子供に与える影響など、そういったことも強く意識しているでしょうし、そのスタート地点を形作る絵本の選択、そして読み聞かせの実践にも大きく力を入れているのではないでしょうか。

なのに売っていない英語絵本

でも英語の絵本はほとんど売っていないのです。これは非常に不思議な状況に思えます。

さらに自分の住んでいる地域の話で恐縮ですが、子供の英語関連の教室や幼稚園などはぱっと思いつくだけでも駅の周りに五ケ所はあるような場所です。子供の英語教育に関する関心や需要は十分あると思います。

なのに英語の絵本への需要は殆どゼロに近いのでしょうか。もちろんAmazon等で購入してるという可能性もあります。、でも物理的な書店に殆どまったく置いていないということは、需要がやはり極めて低いのではないかと思います。需要はもっとあってもいいんじゃないかと思うのですが。

なんだか偉そうな事を言ってしまうようですが、私はこの状況は日本人の英語に対する態度の表れのひとつだと思っていて、今後英語子育てをしていく上で考えていきたい内容のひとつだと思っています。