I am your daddy

「I am your daddy!」この世に降り立ったばかりの娘にそう告げたとき、私の英語育児は始まりました。これはその記録です。

ディズニー・ライブの英語公演を観てきました

昨日ディズニー・ライブ! ミッキーのひらけ!魔法の本の英語公演があったので親子三人で観てきました。内容は普通のディズニーものなので特筆することもないですし触れませんが、流石東京でやっている英語の公演だけあって、実にバラエティ豊かな観客が集まってきており、個人的にはそれが一番興味深かったです。日本に駐在していると思われるご家族の方、国際結婚されて日本に住んでいると思われるご家族の方、私のように親子英語をしていると思われる方や、お子様の英語教育の一環としていらしているのではないかと思われる方、実に様々でした。

一旦ショーが始まってしまえば子供達はもう夢中で、こういうのは言語の壁を超えてしまうものです。おそらくショーがフランス語で行われていても、子供達の反応はきっとあまり変わらないんのではないかと思いました。うちの娘は怖がりで、白雪姫の王女が出てくるシーンで大号泣、その後は恐がりモードに入ってしまって、ずっと私にしがみつきながら公演を何とか終えました。少しは英語が耳に入ったのでしょうか?分かりません。

余談ですが、実に様々に女の子達がディズニーコスプレをしてきており、とても可愛らしかったです。娘もああいうのを着るときがくるのかもしれません。