品川で働くエンジニアパパの子育てブログ

英語のこと中心に子育ての記録を残しています

Bilingual Special Interest Group (B-SIG)

日本にて二言語以上で子育てをしている方が集まった、Bilingual Special Interest Group (B-SIG)というグループがあるのですが、そのDirectorの方のインタビュー記事がThe Japan Timesに掲載されています。私はこのグループの方のディスカッションメールを購読しているのですが、そちらでこの記事が紹介されていました。

Mary Nobuokaさんのように、概ね外国から何らかの理由で日本に来て、日本で子育てをしている方が中心のグループのようですが、やはり二言語で子育てをしようと創意工夫されている方々の話なので、すごく参考になることも多いです。この記事の中で紹介されていた代々木や桜木町の土曜学校も興味深く、娘がもう少し大きくなったら検討したいものです。このインタビュー記事を読んでも明らかですが、両親が、もしくはどちらかの親が例えば英語のネイティブスピーカーであっても、子供に英語を身につけされるというのは日本では大変なことなのだと思います。ただおそらく特に二言語教育について考えたことのない人であれば、そういう環境にある子供は英語が話せて当然だ、という認識でいることが多いでしょうから、そのギャップには中々厳しい苦労ががあるのではないかと思います。

Nobuoka notes that while interest in bilingualism for children is rising in Japan, it is still a struggle for parents. “A lot of people assume that it is just a natural process to learn two languages in a bilingual home. And in some countries it is, since the community supports that. But Japan is still such a monolingual society that parents really have to make an effort.” B-SIG, she says, aims to help make things a little easier

Teacher cultivates more bilingual education opportunities for children | The Japan Times

ちなみにこのグループの存在は、前に少しだけ触れたバイリンガルを育てる―0歳からの英語教育 (くろしおΧブックス)という本で知ったのですが、まだこの本の紹介を出来ていなかったことを思い出しました。この本も紹介したいですし、娘がもう少し大きくなったら、私も何かのグループに貢献できればいいなと思った、そんな静かな土曜の朝でした(今、娘は妻の実家に行ってます。)

関連記事