I am your daddy

「I am your daddy!」この世に降り立ったばかりの娘にそう告げたとき、私の英語育児は始まりました。これはその記録です。

Who Says You Can’t Raise Your Children Bilingually?

多言語話者に関する誤解、またはその誤解に由来する多言語話者を育てる上での不安等を解説した文章は、英語で調べていると結構出てきますが、日本語ではそう言えばあまり見たことがないように思います(私が上手く検索出来ていないだけかもしれませんが。)Mutilingual Livingで良い記事があったので、ひとつ紹介したいなと思いました。自分を勇気づける意味も込めて、自分の言葉でまとめます。

Who Says You Can’t Raise Your Children Bilingually? | Multilingual Living

バイリンガルを育てる、と言うと何とも大袈裟に響くけど、子育ての大事な一要素として第二言語を取り入れることで、子供をバイリンガルに育てることは出来る。その言語が話されている国の大学に通えるレベルにまで育て上げられるのかとか、今の時点ではそういう最終的な結果に囚われすぎないこと。

毎日常に100%、第二言語を子供に対して使わなければならない、という信仰に囚われすぎないこと。出来る限りの第二言語への露出でも、子供をバイリンガルに育てることは出来る。いくつかの研究で、少しだけど継続的な第二言語への露出でバイリンガルを育てることは可能、という結果が示されている。

自分は子供に第二言語を使うほど流暢じゃないだ、という信仰。もし自分のボキャブラリが十分じゃないとか、アクセントが良くないとか、そう思うのであれば、是非改善する努力をする。それをやりだせば毎日の活力になるし、子供との繋がりにもなる。

他の人に笑われるんじゃないか、という信仰。それは正直ありえるし、下手すれば非難されたり、あなたの言語能力に対して茶々を入れてくることさえありえる。ただそれがどうした?もし本気でやっているんだったら、家族であれ友達であれ通りすがりの人であれ、絶対あなたからたくさん学びとるはず。とりえあずありきたりのものでいいから返答を用意しておいて、自信たっぷりに返してやるといい。

永遠にバイリンガル子育てを続けるなんて無理、という信仰。そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。無理せず、徐々に始めることを考えてみてもいい。最初は一日、次は一週間、次は一カ月、そんなやりかたも可能。時間を区切るとかでもいい。

最後に、バイリンガル「子育て」なんて言葉を使うと、随分大袈裟だし、重荷に感じたりもする。別の言語を生活に取り入れているとか、もうひとつの言語を子供に教えているとか、そういったもう少し気楽に感じる表現を用いてみるのはいいアイデア。