品川で働くエンジニアパパの子育てブログ

英語のこと中心に子育ての記録を残しています

Ten Little Ladybugs

 数や色や文字などの概念に子供が自然と触れ合えるよう設計された絵本が多くあると思いますが、このTen Little Ladybugsもそのひとつで、数の概念に子供が自然と接することができるようにデザインされています。表紙に見えるてんとう虫は絵ではなくて、ページの上に実際に物体として存在しているものです。そしてそのてんとう虫が見えるように、表紙を含め、各ページにはそれぞれ穴が空いています。

Ten Little Ladybugs

Ten Little Ladybugs

 表紙では10匹見えたてんとう虫が、1ページめくっていくごとに1匹ずつ少なくなっていって…、という構成になっています。各ページに出てくる生物たちも、物語を飾ります。娘はまだ数の概念は理解していないと思いますが、てんとう虫をいじって遊んだり、穴に指を突っ込んでみたり、また僕がときどき「Let's count the ladybugs on the page! One, two,...」なんて言うのを聞きながら、この本を楽しんでくれているようです。

f:id:quincedaddy:20120818080838j:plain