I am your daddy

「I am your daddy!」この世に降り立ったばかりの娘にそう告げたとき、私の英語育児は始まりました。これはその記録です。

なぜ英語子育てをするのか(1)

なぜ英語で子育てするなんて、わざわざチャレンジをするのでしょうか?子供に高い英語力を身につけてもらいたいから、と言ってしまえばそれまでですが、その根底にはどのような考えや価値観があるのでしょうか。日本語で日本人が子育てをすることに文句を言う人はいないと思いますが、英語という外国語で、でも日本国内で、それも帰国子女でもない普通の日本人が子育てするとなると少し物言いもつきそうです。そんな状況の中で私は一体何を目指すのでしょうか。

これは自分にとって本当に壮大なテーマで、とてもひとつのエントリにまとめることは出来ないと思いますし、何より私も文章にしながら自分の考えを整理する必要があると思います。ですのでシリーズものとして少しずつ書いていこうと思いました。親戚や友人への説明もしなければならない日が来るでしょうし、何より将来娘に必ず問われるでしょう。そのとき、私は私なりの答えを、それも英語で、彼女に与えなければなりません。そのために私は考え続けていかなければならないと思います。そんなことを目的としたシリーズです。

私が想像するに、英語子育てをしているほとんどの親御さんがそう思っていると思いますが、別に英語が出来ると就職に有利だとか、受験に有利だとか、そういった考えで英語子育てをしようと思っているわけではないです(本当に有利なのかという議論は別にあると思いますが。)ひとりの親として、これらが目的で子供を英語で育てる、というのはちょっと想像がつきませんし、正直これらの動機で続けていくにはちょっと困難過ぎると思います。では何故というのがこのシリーズのテーマですが、この最初のエントリで言えることは、私には日本語の話せない友人がそこそこいて、私が彼らと英語で話をするときに、将来娘がそこに参加できない、というのが不自然に思える、ということです。私の想像の中では彼女はその輪の中にいて、英語で彼らと話し合い、笑いあっています。そして彼女にも、英語で交友をする友人がいます。その想像の中の彼女に会いたい、というのは私の大きな理由なのではないかと思います。