品川で働くエンジニアパパの子育てブログ

英語のこと中心に子育ての記録を残しています

4か月に渡ったハリポタ原著の読み聞かせが遂に終了!

今週末で遂にハリーポッターと賢者の石の読み聞かせが終わりました。最後は長女はもう寝てしまっていたような感じでしたし、次女が何やら訴えながら泣いていたんで浸っている暇もなかったのですが、それでもNevilleが表彰されるところで年甲斐尾もなく感動し…

英会話教室からテストと先生のコメントが返ってきた

先日初めて長女が英語保持の為に通っているスクールからテストの結果と先生のコメントを頂きました。 以前はテストという行為そのものにあまり適応できないだろうということで積極的に受けさせてはいませんでした。 しかし今年から小学校一年生になったのも…

ハリー・ポッターの読み聞かせは遂に最終章に突入!

もうどれくらい続けているか忘れましたけど、ハリー・ポッターと賢者の石の原著(ちなみにイギリス版です)を長女に読み聞かせするのを続けているのですが、遂に最終章に突入しました。大体寝る前に読んでいるので、たまに長女は聞いてるんだかいないんだか…

The Cat in the Hatの映画版をNetflixで観ました!

昨夜たまたま早めに娘達の晩御飯とお風呂が終わったので、何か映画でも観ようとNetflixの映画リストを徘徊していたらなんとThe Cat in the Hatの実写版を見つけました。ハットしてキャット | Netflix (ネットフリックス)調べたところ2003年の映画だそう…

Oxford Reading Treeはレベル5で停滞気味

相変わらずORTの音読を続けていますが、レベル的には5で現在停滞しています。停滞と言っても、難易度の問題で停滞ているわけではありません。レベル6も既に購入済みで一度は既に読んでいるのですが、どうにもこうにも読むのに時間がかかってしまうのです。…

長女が英語のスピーチコンテストに参加しました

昨日長女が通っている英語教室のスピーチコンテストに参加しました。この一カ月くらいは朝の音読の時間をコンテスト用に用意した原稿の練習時間に当てたりと、まあ長女なりに色々と準備して臨んでいたと思います。以前にこのブログに何度か書きましたけれど…

まだ英語のものは英語で観たいらしい

The Complete Adventures of Curious George: 75th Anniversary Edition作者: H. A. Rey,Margret Rey出版社/メーカー: HMH Books for Young Readers発売日: 2016/10/04メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る先日たまたまテレビでおさるのジョー…

アメリカ仕込みの長女の英語は「発音がいい」のか

世界のグロービッシュ ─1500語で通じる驚異の英語術作者: ジャン=ポール・ネリエール,ディビッド・ホン,グローバル人材開発出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2011/03/31メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 56回この商品を含むブログ (22件) を見る…

相変わらず長女と英語の本の音読を続ける毎日

長女は相変わらず毎日Oxford Reading Treeなどの音読を続けています。続けていると書くと語弊があるというか、私が何とか続けるように仕向けているというのが正直な表現です。音読に限らないとは思いますが、なんにせよ何かを毎日続けるというのはモチベーシ…

池谷裕二さんの「パパは脳研究者」を読みました

パパは脳研究者 子どもを育てる脳科学作者: 池谷裕二出版社/メーカー: クレヨンハウス発売日: 2017/08/10メディア: 単行本この商品を含むブログを見る先日池谷裕二さんの「パパは脳研究者」を読みました。池谷さんと言えば以前「進化しすぎた脳」という、お…

長女はすっかりJKローリングの罠にはまり始めたようだ

Harry Potter and the Sorcerer's Stone作者: J. K. Rowling,Mary GrandPre出版社/メーカー: Scholastic Paperbacks発売日: 1999/09/08メディア: ペーパーバック購入: 8人 クリック: 65回この商品を含むブログ (35件) を見る 相変わらず最近は長女への読み聞…

同僚の子供達に絵本を配ってみた話

勤務先で家族を招待するイベントがあったので、なんか面白いこと出来ないかと思って同僚の子供達に絵本をプレゼントしてみました。取り敢えず自腹で10冊買ってその日に臨んだんですけど、いやー普段やらないことをやると緊張しますね!なんか「こいつ何サン…

日本の教育にイノベーションはいつ起こるのか?!IT化はあくまで手段でしかない!

あの「イノベーションのジレンマ」を書いたクリステンセン教授による著書。イノベーションがどのように教育システムを変え得るかの話。教育×破壊的イノベーション~教育現場を抜本的に変革する クレイトン・クリステンセン https://t.co/UGxPCoPP30— エンジニ…

家庭教育のシェアリングエコノミーが誕生したら最強だと思う

ここ数年の時代の流れの象徴のひとつとしてシェアリングエコノミーの台頭があるかと思います。空いた時間で人や物を運ぶライドシェア、使っていない部屋を短期宿泊施設として貸し出してしまう民泊、オフィスシェア、カーシェアなど実に様々なものが出てきて…

子供の教育は長期投資だ!

当然ですが私は株式投資をしています。株式投資にも色々な流儀があるのですが、私はいわゆる「長期投資」と分類されるような投資方法を実践しています。株と聞くとたくさんのモニターと睨めっこしながら生き馬の目を抜くがごとく売買を繰り返すようなイメー…

「3匹の子ブタ」のパロディが面白い!「The Three Little Wolves」で子供と一緒に笑おう!

The Three Little Wolves and the Big Bad Pig作者: Eugene Trivizas,Helen Oxenbury出版社/メーカー: Margaret K. McElderry Books発売日: 1993/09/30メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る「3匹の子ぶた」という有名な話があると思いますが、…

長女(小学一年生)の自由研究その1 - 色々なものの温度を測って表にまとめる

計測を通して世界と触れ合うというのは物理や科学の基本だと思いますし、現在は計測されたデータからビジネス等についての洞察を導き出すデータサイエンスに大きな着目が集まっています。と、そんな大げさな背景は置いておいて、小学一年生の長女の夏休みの…

長女(小学一年生)が夏休みに読んだ本

長女が夏休み中に自力で読んだ本をメモしておきたいと思います。夏休み終了まで随時更新予定です。いわゆる読み聞かせをしてあげた本や長女に音読してもらった本は含んでいません。読み終わったあとに理解度チェックなどをしているわけではないので、全て彼…

キンコン西野さんの「えんとつ町のプペル」は英語絵本でもあった!(けど英語の字が小さい…)

最近ようやく引っ越し後の片付け作業を再開して、段ボール箱に眠っていた何冊もの絵本が先日自分で作った本棚ベンチに収納されました。でもまだ相当数が箱に入ったままで、これらが本棚に収納されるのがいつになるのやらという感じの我が家です。取り出した…

マイクロソフトで感じたダイバーシティの重要さを子育てに活かしたい

Diversity(多様性)という言葉自体はかなり有名になってきたと思いますが、多様性は日本に住んでいる限り相当に意識しないとなかなか達成できるものではないと思います。日本で生まれ育った私の目からすると、マイクロソフトの本社では実に様々な人が働いて…

またまたOxford Reading Treeのレベル5を追加で購入

Oxford Reading Treeのレベル5を追加で買ってしまいました。お金はかかっているんですけれど、長女の読むモチベーションが日に日に感じられて嬉しい限りです。日本に住んでいる以上、どのような手段を講じたとしても生きた英語に触れる機会は限られるので、…

ハリポタの原著を長女と一緒に読むという夢に向かって1歩目を踏み出した!

長女が生まれてすぐに英語育児を始めてからというもの、私の将来の夢のひとつが「娘と一緒にハリーポッターの原著を読みたい!」というものでした。私がハリーポッターをはじめて読んだのはアメリカで留学しているときで、「いやいや子供の本なんて」と思っ…

プログラミング教育で子供たちが学ぶべきなのは感謝の気持ちだと思う

私が子供たちにプログラミング教育を通じて学んでもらいたいこと挙げるとするならば、単刀直入に言うと感謝の気持ちということになると思います。私は現代の便利な生活に感謝しています。安心安全な水が水道から出てくることに感謝しています。冷蔵庫のお陰…

娘と一緒に夏休みの自由研究としてプログラミングに取り組んでみた(2)

長女と一緒にプログラミングに取り組み始めて一週間ほど経ちました。長女は相変わらず可愛いページを作ることにしか興味がないので、やっている作業自体はまったくプログラミングではなく、可愛らしいフリーの素材をウェブ上で見つけてきては彼女にページに…

もはやタブレットを使った学習は必須か?!JustSystemsさんのスマイルゼミを始めてみた!

JustSystemsさんが提供しているスマイルゼミというタブレット端末を使った学習サービスをこの度長女の為に導入してみました。と言っても口コミでどこかから聞いてきた奥さんが、夏休みの子供の対応対策で勝手に申込してしまったのですが。JustSystemsさんと…

マイクロソフト流(?)で長女の夏休みの宿題を一週間で終わらせる!

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である作者: 中島聡出版社/メーカー: 文響社発売日: 2016/06/01メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (8件) を見るすっかり有名人なので私が紹介するまでもないかと思いますが、中…

なんとプログラミングを題材にしたヒット絵本を見つけたので、早速英語版を購入してみました!

最近プログラミング教育について色々と調べてみています。私は特に娘たちにプログラミングの道に進んでもらいたいという希望はないのですが、自分の仕事について娘たちに知ってもらう良い機会だなと思って興味を持ちました。自分はプログラミングを子供の頃…

とっても勉強家のお母さんの娘さんがハーバードに進んだ話。廣津留真理さんの「世界に通用する一流の育て方 」を読みました!

ハーバードに現役合格 (SB新書)" title="世界に通用する一流の育て方 地方公立校からハーバードに現役合格 (SB新書)">世界に通用する一流の育て方 地方公立校からハーバードに現役合格 (SB新書)作者: 廣津留真理出版社/メーカー: SBクリエイティブ発売日: 20…

娘と一緒に夏休みの自由研究としてプログラミングに取り組んでみた(1)

少し前から長女の夏休みの自由研究のネタとしてプログラミングをさせてみたら面白いのではないかと考えていたのですが、初めての夏休みである今回からさっそく始めてみることにしました。プログラミングの必修化の動きとは全然関係ないと言ったら嘘になりま…

Oxford Reading Treeのレベル5に進出したら内容がファンタジーだった!

長女は早くもOxford Reading Treeのレベル5(ステージ5だったかもしれません)を読むようになりました。相変わらず毎朝必ず1冊は読んでいて、最近はあからさまに読むスピードが上がってきたのを感じます。レベル5からは何故か内容がファンタジーになって…