I am your daddy

「I am your daddy!」この世に降り立ったばかりの娘にそう告げたとき、私の英語育児は始まりました。これはその記録です。

ブックオフで見つけた掘り出し物の英語絵本「Diary of a Fly」は「Diary of a Worm」の続編!

どこから流れてくるのか、たまにブックオフにふらっとよって洋書のコーナーを眺めていると日本では手に入らないような英語絵本が見つかります。 先日そんな調子で手に入れたのが、この「Diary of a Fly」です。 おそらくこれを見て「おっ!」と思う人はほと…

「A Quiet Place」は静かな場所を探し求める物語

A Quiet Place作者: Douglas Wood出版社/メーカー: Simon & Schuster Books for Young Readers発売日: 2014/04/15メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るアメリカに出張に行ったときに古本屋で買ったもの。英語絵本好きにとって、海外の古本屋程面白…

リージョンフリーのDVDプレイヤーは英語育児の三種の神器のひとつ

残りの二つが何だか決まってないで書いていますけれど(笑)、確実にリージョンフリーのDVDプレイヤーは英語子育ての三種の神器のひとつです。最近はHuluやNetflixがあるので、月額料金さえ払えば本当に簡単に英語の映像コンテンツが手に入ります。我が家はN…

正直近隣のアジア諸国の英語力は日本のそれよりずっと高い

私はアメリカ系の企業の日本法人に勤めておりますが、同僚にはたくさんの外国籍の方がいらっしゃいます。アジアの国々ですと中国の方や韓国の方が多いです。彼らと一緒にずっと働いてきた私の極めて正直な感想なのですが、中国や韓国の方の英語力は同じ職場…

毎朝英語の本を読ませるために、子供のモチベーションを上げる方法を導入してみる

現在Oxford Reading Treeを使うなどして毎朝長女に英語のリーディングをさせるように取り組んでおりますが、長女のモチベーションを管理するのはなかなか大変です。以前子供をバイリンガルに育てる方法という本を読んだときに、著者の方が子供に毎朝英語の本…

どんなにたくさん英語絵本を読んでいても、初見ではいつも躓きながら読んでいます。

英語絵本はもう100冊以上は読んできたのではないかと思いますが、それでもやはり自分の母国語ではない言語、思ったようにはなかなか上手くいかないことも多いです。 特に新しい英語絵本を買って初めて読むとき、いわゆる初見のときは今でも相当躓きながら…

英語を身に付けた方がいい一番の理由は、英語が話されているコミュニティに参加するために必要だからだと思う

その昔人が何のために英語を学んだかというと、情報を得るためだったと思います。進んだ西洋文明を吸収するために日本人は英語を学び、そして成功してきたと思います。しかし外国語で情報を得るためのハードルはどんどん下がってきています。あなた自らが学…

英語育児にはお金がかかるというのは本当だろうか?

どんなことでもそうかもしれませんが、英語育児をしていく上でかかってくる費用というのは勿論あります。例えば英語絵本やDVDを買ったり、NetflixやHuluを英語コンテンツの為に契約したりします。英会話教室やSkype英会話にかかる費用もあるでしょう。場合に…

これからも日本人は英語が苦手であり続けると思う理由

以前に私の母親世代の人が言っていたことで大変心に残ったことがあります。一字一句同じではないのですが要するに最近の若い子は英語教育が充実しているから英語が(私達より)できて当然」というような主旨の内容でした。私は本当にそうかと不思議に思いま…

英語絵本好きの聖地かもしれない。アメリカのBOOK OFFことHALF PRICE BOOKSは素晴らしい!

quincedaddyです。現在アメリカに出張で滞在しているのですが、仕事の合間を使って私の大好きなお店HALF PRICE BOOKSに行ってきました!このお店だけは毎回必ず訪れるようにしています。HALF PRICE BOOKSは日本でいうところのBOOK OFFで、いわゆる古本屋さん…

本棚ベンチをDIYして、英語絵本の読み聞かせ環境を改善する - 前編

英語絵本の収納とそれを読む場所がいつも問題 quincedaddyです。英語絵本はもとより日本語の絵本もそれなりに買っている我が家では、絵本の置き場所がいつも問題になります。最近は引っ越したばかりということもあり大半が段ボール箱に入ってる状態なのです…

心優しい闘牛の話「Ferdinand」がどうやら映画化されるらしい!

The Story of Ferdinand作者: Munro Leaf,Robert Lawson出版社/メーカー: Grosset & Dunlap発売日: 2011/03/31メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見る心優しく、そして花の匂いをこよなく愛する闘牛の話フェルディナンド「Ferdinand」です。随…

だんだんと読むことに慣れてきたようなので、Oxford Reading TreeのStage 4に進出しました!

先日購入したOxford Reading Treeのレベル1~3ですが、長女が意外にもモチベーションが高くどんどん読み進めていて、あっという間に33冊を読み終わりました。もちろん今後とも繰り返し読んでいって力をつけていくような性質のものですが、長女の力だった…

アメリカの現役お母さんに紹介してもらった絵本「Blueberries for Sal」を紹介します!

Blueberries for Sal (Picture Puffins)作者: Robert McCloskey出版社/メーカー: Puffin Books発売日: 1976/09/30メディア: ペーパーバック クリック: 1回この商品を含むブログ (4件) を見るもうずっと前のことですがアメリカに五か月ほど留学していたことが…

Oxford Reading Treeのレベル1〜3を読了!ORTで親の「質問力」も劇的に向上!?

ORTことOxford Reading Treeのレベル1〜3のセット、計32か33冊を長女がとりあえず読み通しました。毎朝15分から30分くらい使って取り組んでいたのですが、思いの外長女のモチベーションも高く、1日に数冊読んだりしたので、結構あっという間に終…

なぜかすばらしい絵本が多いので、トラとライオンが主役の英語絵本をまとめます!

なんかニッチなまとめになってしまいましたが、私の大好きな英語絵本にはトラとライオンが出てくるものがいくつかあったのでご紹介。トラとライオンはその強さからなのか、優しいイメージで描かれることが多いので、絵本の題材として使われやすいのかもしれ…

読後に爽やかで温かい気持ちにさせてくれる!図書館に現れた本が大好きなライオンの物語「Library Lion」

先日近くの本屋で、英語絵本とその日本語訳版が並べて売られているという面白い企画が行われていました。偶然立ち寄った私は二冊ほど絵本を買ってしまったのですが、そのうちの一冊がこの「Library Lion」です。日本語でも「としょかんライオン」のタイトル…

まだ発音で消耗してるの?

ブログを書いている人ならば一度は使ってみたいタイトルをついに使ってみました(笑)煽ってますけれど、コンパクトでかつインパクトもあるタイトルのつけ方で、思わずクリックしたくなる上手い表現だと思います。しかしまじめな話、日本人は本当に英語の発…

さすがガーデニングの国イギリス。「Paddington in the Garden」ではクマのパディントンがガーデニングに挑戦!

あの有名なクマのパディントンのお話です。先日パディントンの映画を長女と観まして、恥ずかしながらそのときにこの物語の概要を知りました(ペルーから来たとかマーマレードが好きだとか。)この絵本は近所の有隣堂でセールで売っているのを見て即買いしま…

英語ペラペラな私が子供の英語教育にものすごく熱心な理由

「ペラペラ」という表現はダジャレじゃなく非常に薄っ"ぺら"くて嫌いなのですが、引用記事に乗っかって使ってみました(笑)サブタイトルもそうですけれど、随分と煽ったタイトルです。クリックを集める為とはいえ、あまり気持ちの良いものではないですね。…

長女にOxford Reading Treeの音読をさせてみると、読む力と聞く力の差がよく分かる

写真にあるのは先日購入したOxford Leading Treeの中で既に長女が読んだものです。ここにあるのはすべてレベル1のもので、First Storiesというシリーズのものには2,3語からなる文章(「Kipper did this!」くらいのものです)が各ページにひとつ出てくる…

英語のかけ流しに使うなら間違いなくこれ!追加で購入したディズニーRead-Along Storybookを紹介!

英語のかけ流しに最適のシリーズ 我が家はそんなに車移動は多い方ではないと思いますが、それでも週末にどこかに買い物にでも出かけると、一日のうちに合計で一時間くらいは車で移動することも多いです。その時間をつかって子供の為に英語のかけ流しをしてい…

英語絵本の読み聞かせをはじめる最高のタイミングは子供が生まれた直後だと思う

私は長女が生まれてすぐに英語絵本の読み聞かせを開始しました。特段何かで理論を学んだわけではないのですが、今ではそれがベストだったと確信しています。英語絵本を読むことに抵抗がある方も多いかもしれませんが、生まれてすぐに始めれば、少なくともお…

Oxford Reading Treeが配達されてきたので長女と早速読んでみた!

先日注文した憧れのORTことOxford Reading Treeが、ついに我が家に届けられました。長女もいつのまにかこんなに大きくなったんだと変なところで成長を感じてしまいます。33冊も入っているセットを頼んでしまたのでまた置き場所に困るなあと思っていたので…

子供が自力で読み始めても読み聞かせを止めちゃダメ!

Adam Beck / quincedaddy 訳 2017年5月13日 日曜子供をバイリンガルに育てる秘訣の中で、私はどれだけ(おっと今から秘訣を明かしますよ!)毎日子供に読み聞かせをすることが重要であるかを論じました。重要であるにもかかわらず、読み聞かせはときに軽視さ…

バイリンガルの子供の頭の中には英語の木が生えている。長女が感覚で過去形を理解していた話。

子供は言葉を学ぶ過程で勝手に文法を理解していきます。ルールを勉強したわけではないのに文法を理解しているのは本当に不思議です。耳から入ってくる音から感覚で法則を見つけ出しているんですよね。ある言語のネイティブスピーカー、例えば英語のネイティ…

賑やかなブタの家族が楽しい、Peppa Pigシリーズの絵本を買ってみた!

Peppa Pig: George and the Noisy Baby出版社/メーカー: Ladybird発売日: 2015/03/05メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見るこの間も同じことを書いたんですけれど、先月に引っ越してからというもの我が家の英語絵本の大半がまだ段ボール箱に閉…

英語を子供の「習い事」にする前に見て欲しい!親子で取り組める英語アクティビティまとめ!

週一回くらい英語教室に通わせてもほとんど意味はない?! 子供の習い事として近年英語は不動の人気を保っているようです。私の住んでいる地域にも子供用の英語教室はたくさんあり、思い出せるだけでも片手だけでは数えられないくらいはあると思います。しか…

親の英語力が低くても英語育児はできる。発音が悪くても問題はない。

英語育児は親の英語力が高くなくたってできます。もちろん親がネイティブスピーカーだったり高い英語力を保有していたりというような家庭と同じような英語育児はできないでしょう。しかしあなたとお子さんなりの方法を見つけて英語育児をすることは可能です…

子供をバイリンガルに育てる秘訣

Adam Beck / quincedaddy 訳 2017年5月7日 日曜子供をバイリンガルに育てる秘訣、そいつはとってもとっても単純なことです。もしこいつを礎にしてあなたが努力すれば、お子さんがマイノリティ言語の方で能動的な力を獲得する可能性はずーっと高くなるって保…

英語育児をしている私が、英語の発音なんてどうでもいいと思っている理由

この間英語育児に関する書籍のまとめのブログを書いたくらいだし、英語育児、バイリンガル育児についてはかなり様々な情報にあたって調べてきたと自負しています。しかしその情報の中に「発音」という話題が出てくることはほとんどありませんでした。— Quinc…

英語育児について学びたい親御さんへのおすすめ書籍まとめ!

皆さんこんにちは!quincedaddyです。今日は英語育児について学べる書籍についてまとめてみたいと思います。いわゆる「まとめ記事」です!子供の教育について考えるとき、色々な疑問が思い浮かびますよね。「英語育児ってなんだろう?」「子供に英語を身に付…

言葉の成長記録(次女) - 1歳5ヵ月

気が付けば次女はもう少しで一歳半になります。次女は長女に比べて、正直英語育児の取り組みはやっていないに等しいかもしれません(笑)二人目の育児って一人目の育児とは次元の違った大変さや喜びがあります。一番違うのがもちろん長女が既にいる、という…

長女、英語リーダーへの第一歩を踏み出す!

長女が英語リーダー(Readerです、念のため)への第一歩を踏み出しました模様です。今まで彼女が英語を話すのは聞いたことはありましたが、英語を読んでいるところを見たことがなかったので結構感動しました。素晴らしいっ!最近小学生になったのですが、宿…

段ボールが最高の知育玩具だと思うという話

段ボールが豪華客船?! 最近引っ越しをした関係で段ボールがわんさか家にあるんですけれど、長女はそれを使って色んなものを作り上げて楽しそうです(そして次女がそれを遊具のように使っています。)「色んなもの」と言っても6歳児にそんなに技能があるわ…

自動翻訳の技術が大幅に進化!技術革新で英語学習の意味がなくなる?!英語力の未来を考えてみる。

英語力の未来ってどうなる? 英語に何かしらの興味をお持ちの方であればSkypeは馴染み深いと思いますが、最近Skypeのリアルタイム翻訳機能に日本語のサポートが追加されましたよね。本当に便利な世の中になったものです。近年は機械学習と呼ばれるコンピュー…

まさに一石二鳥!英語絵本の読み聞かせを続けていれば、親の英語力もどんどん向上する!

英語界隈ではかなりの有名人ですが、国弘正雄先生という「同時通訳の神様」とまで言われた方がいらっしゃいました。英語教育に興味のある方だったら、一度先生の名前でネットを検索してみて色々と調べてみることをお勧めします。先生はいわゆる「音読」を英…

鉄板の女の子ウケ!一冊でニ度美味しい絵本「Sticker Dolly Dressing」

Sticker Dolly Dressing Back to School作者: Fiona Watt,Steven Wood出版社/メーカー: Usborne Publishing Ltd発売日: 2015/06/01メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見るアメリカに出張に行くと、向こうの古本屋で大量に娘達に絵本のお土産を…

祖父母の前で親子英語する?しない?

家で親子英語をしている家庭であればあるあるなんじゃないかと思いますが、祖父母の前で親子英語をするのかしないのかについてはいつも悩みます。というかいつも出来てないです。うちはあまり客人を招かない家庭なので、友人などを家に招いたときにどうしよ…

子供の英語力のために親ができる一番のことは間違いなく英語絵本の読み聞かせ

子供の英語力の為に親として何が出来るのか?本気で何かしてあげたいんだけど何をしていいか分からないという方がいたら、それは「英語の絵本を読むことです。」と私だったら伝えます。親の膝の上に乗って親の口から出る言葉を聞く事ほど身に沁みることはな…

憧れのOxford Reading Treeを注文!

Read with Biff, Chip & Kipper Set Phonics and First Stories 33 Books Collection Level 1-3作者: Alex Brychta Roderick Hunt出版社/メーカー: Oxford発売日: 2015/01/01メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見る「いつかはチャレンジしたい…

かいじゅうたちはどこにいる?それは子供の心の中!英語で「Where The Wild Things Are」を読もう!

Where The Wild Things Are作者: Maurice Sendak出版社/メーカー: Red Fox発売日: 2000/05/04メディア: ペーパーバック クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る実は先月引っ越しをしたのですが、家の中がまだめちゃくちゃでまったく物が片付いてお…

長女が新しい英語学校で帰国子女コースを開始

長女は小学校が始まりました。まだ親の方も新しい生活に慣れずに四苦八苦しているという感じですが、英語の方も新しい一歩を踏み出すために動き出しました。近所ではレベルが高いと評判の英語教室の入学審査を本日受けて来たのですが、「ギリギリのレベル」…

英検ジュニアのゴールドを見事突破

長女が英検ジュニアのゴールドで見事96%のポイントを達成しました。前回は初めてだったし、英語を読むことがほとんどできなかったのでシルバーを受験させたのですが、大分読み方のこつもわかってきたようだったので、今回ゴールドに挑戦させてみましたが…

Netflixを導入したから簡単に英語のコンテンツにアクセスできるようになったよ!

我が家にもついにNetflixが気軽にテレビで観られる環境が導入されました!当たり前のことですが一気に英語のコンテンツの幅が広がって、テレビ見せ過ぎにならないように気をつけながらも着実に我が家に浸透してきています。ついでといってはなんですが、Yout…

First Encyclopedia of the Human Body

First Encyclopedia of the Human Body (Usborne First Encyclopedia)作者: Fiona Chandler,David Hancock,John Woodcock出版社/メーカー: Usborne Books発売日: 2011/04/01メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見る英語絵本ではないですが、長女が…

読むことに夢中

英語じゃなくてひらがなの話なのですが、もうすぐ五歳の長女は現在ひらがなを読むことに夢中で、どこに行っても何かしらひらがなを見つけては一生懸命読んでいます。別にお勉強したわけでもないのにこんなにも一気に読む能力って向上するものなんだと驚くほ…

「アルプスの少女ハイジ」は英語で読んだらハイディ??教えておじいさん!

日本では「アルプスの少女ハイジ」でお馴染みのHeidiです。ハイディって感じで発音するんだと思っているんですが、場合によってはヘイディかもしれません。枕詞のようにいつも言っていますが、ハイジも正直どのような話なのかまったく知識がありませんでした…

二人目への挑戦

この度もうひとり娘を授かりました。二人の女の子の父親になろうとは若い頃は当然想像だにしていなかったのですが、いざなってみると何となく当たり前のことのように受け入れてしまうのだから人生は面白いものです。下の娘ともの当然親子英語を、と考えてい…

The Secret Garden

こちらも言わずと知れた名作、ですが私個人としては全く内容を知らなかった「秘密の花園」です。娘と2,3ページほど毎日読み続けて、昨日終わりました(といっても一週間もかからず終わる分量ですが。)もうすぐ40にもなる中年の私ですが、今からでも世の…